脱毛 川崎市

脱毛Q&A

 

脱毛に関しての疑問に答えます!

脱毛に初めて通う方はわからない事がたくさんありますよね。

 

ただ、一般的な脱毛は痛いの?とか、何回通えばいいの?といったものはこのサイトでも説明してますし、色んなサイトで説明されていますので、ここでは普段あまりかかれないような質問に対して答えていこうと思います。

 

色素沈着があっても脱毛する事ができるの?


色素沈着の原因は、メラニンが作られるためです。

 

メラニンは肌が刺激を受けると、その刺激を吸収し、肌を守る役割をしてくれます。その結果色素沈着となって肌が黒く変色するのです。

 

色素沈着の種類


色素沈着ができやすい箇所の原因などをまとめてみました。

 

ニキビ跡

茶色や赤黒いニキビの後は炎症が刺激になって起る色素沈着です。
アクネ菌が原因で毛穴が炎症を起こすと、菌を倒すために活性酸が大量に作られます。しかし、活性酸素はアクネ菌だけを攻撃してくれるならいいのですが、菌と同時に肌も攻撃をしてしまいます。

 

その為に、メラニンが生成され、守ろうとするので色素沈着になってしまうんです。

アトピー

アトピーの色素沈着はステロイド剤のせいだと言われたりもしますが、それは違います。

 

アトピーの色素沈着はニキビと同じ炎症が原因です。ニキビとの違いは、肌自体が広範囲にわたって乾燥している状態になるので、少しの刺激でも炎症を起こしてしまいます。そしてその炎症自体も何度も繰り返し起こるので、結果、メラニンが生成されて炎症後沈着と呼ばれる色素沈着になってしまいます。

脇、膝、VIO

これらの色素沈着の原因はカミソリなどによる自己処理です。

 

カミソリの刃は少なからず処理をする時に刺激を受けます。その小さな刺激がメラニンを生成させてしまうのです。それと同じように毛抜きで処理をした時も毛穴にダメージを与えてしまうのでポツポツした黒ずみになってしまうのです。

 

膝の黒ずみは洋服などの外部刺激によるものです。膝は汗腺が少ないので乾燥しやすくなるのもくすみが原因です。

 

そして、ほとんどの女性がデリケートゾーンに黒ずみが多少見られます。これは陰部は身体の中でも特にメラニンが活発な箇所で、下着や衣服の摩擦などで刺激を受ける為です。さらに生理中のムレやかぶれ、自己処理などでも炎症を起こしてしまうので色素沈着がしやすいんです。

 

色素沈着があっても脱毛することはできる


脱毛サロンで色素沈着があっても脱毛する事ができるのは、脱毛のしくみが関係しています。

 

脱毛サロンで使用されている脱毛器はメラニン色素の黒色に反応して脱毛をしていく方法で脱毛をしていきます。その為、ムダ毛のメラニン色素以外にも肌に色素沈着があると、そこにも光が反応してしまうので、ムダ毛と一緒に肌の細胞も破壊してしまう為、本来は手術をすることはできません。

 

しかし今は、色素沈着がある箇所に関しては光の出力レベルを下げて脱毛する事が可能になり、さらに美白効果のある光で脱毛するような方法もできているので、色素沈着をキレイにしながら脱毛する事が可能になったんです。

 

ミュゼプラチナム
100円

 

キレイモ
KIREIMO -キレイモ-

 

脱毛サロンに着て行く服装は?


脱毛サロンに着て行く服装は、結論から言うと自由です。脱毛サロンではほとんどがサロン内で準備されたガウンなどに着替えて施術を受ける事になります。その為、着て行く服に制限はありません。

 

しかし、脱毛サロンも医療クリニックも一人にかける時間が決まっていて、その決められた時間の中で施術を行ってくれます。その際になるべくすぐ着替えられるような服装の方がお勧めです。

お勧めの服装

脱毛サロンに行く時の服装はできるだけゆったりしたオーバーショルダーの物やガウチョパンツ、ワイドパンツなどの大き目の洋服を着て行くことをお勧めします。

 

逆に、露出の多い服装や、レギンス、タイツなどの殻にフィットするタイプの服装はお勧めしません。というのは、脱毛をすると肌は少なからずダメージを受けてかるいやけどをしたような状態になります。その状態の肌は紫外線にできるだけ当てないようにした方が良いのです。

 

・ゆったりした大き目の洋服で行く
・天然素材の物なら肌への刺激は少ない
・露出の多い服装はおすすめしない

 

天然素材の物を選ぶと良い

脱毛した肌は先ほども書いたようにかるいやけど状態です。その為、ちょっとした刺激でも敏感になっています。その中でもナイロン生地は肌への刺激が強い化学繊維なので、脱毛後の肌には向かないのです。

 

選ぶと良いのは、リネンやシルクなどです。

ゆったりした服装を選ぶ

脱毛後はできるだけ以下の事に気をつけたいので、ゆったりした服装の方が良いのです。

 

・摩擦によるダメージ
・肌に熱がこもっている

こういった理由からゆったりした服装の方が良いのです。

露出が多い服装

先程少し触れましたが、脱毛後に特に気をつけたいのは紫外線です。肌がダメージを大きく受けてしまうのもありますが、日焼けをしてしまう為です。

 

日焼けをしてしまうとあまりよくないのは、施術自体を断られてしまう為や脱毛時の痛みを感じやすくなる為です。さらに日焼けをしてしまうと、光がムダ毛にピンポイントにダメージを与えられないので、脱毛自体の効果が下がってしまいます。

 

冬場の着込んでしまってる時は?


冬場はどうしても洋服を着こんでしまいますが、問題はないのでしょうか。

 

これに関しては洋服を着こんでしまっても問題ありません。

 

抜きやすい服装というのは、薄着という意味ではないので、しっかり着込んでしまっても問題はないのです。しかし、気をつけたい事もあります。

 

・厚着によって通気性がわるくなる

通気性が良い服、吸湿性に優れた物を選んで着て行きましょう。

 

・トップスは肌に優しい素材のものを選ぶ
天然素材の服を選んで着て行くとベスト

 

・タイツ、ストッキングなどは使わない
上でも話しましたが、肌に負担がかかるのと、着替え自体に時間がかかる為

 

癲癇があっても脱毛できる?


癲癇がある場合、薬の成分によるものや症状などの理由で脱毛サロンでは施術を断られることがほとんどになります。

 

では、癲癇がある人は脱毛を諦めるしかないのでしょうか。

 

一般的には脱毛ができないと言われている癲癇ですが、環境や症状によっては脱毛をすることは可能なんです。しかし、それにも注意したい事などがあります。

 

光脱毛とレーザー脱毛ではどっちが施術できるのか

脱毛には光脱毛とレーザー脱毛があり、その違いについては「光脱毛とレーザー脱毛の違い」で詳しく解説しました。

 

癲癇があっても脱毛に通う事は可能ですが、光脱毛、レーザー脱毛の両方に通うことができるというわけではありません。脱毛の種類によっても施術ができるかできないかは変わってくるのです。

 

脱毛サロンでは、初回のカウンセリングの際に服用している薬や治療中の病気等に関して聞かれます。その理由は、服用してる薬によっては脱毛を受ける事ができない為です。その中でも癲癇は脱毛サロンでは施術ができない病気になります。

癲癇という病気は?

癲癇は、発作を起こしてしまうと、意識を無くし、動きが止まって反応がなくなったり、倒れて全身痙攣を起こしてしまうなどの病気で、本人は意識を失っている為、状況がわからない状態になります。

 

発作の原因は脳の電気信号が乱れてしまう為で、肌にはあまり関係する病気ではありません。しかし、脱毛サロンで脱毛する事ができないのは、光や熱に対して反応してしまう光感受性発作や外部の刺激で引き起こす熱性けいれんなどがある為です。

 

過去、光感受性発作は、光の刺激によって誘発されるもので、主にテレビアニメや太陽光などの光の刺激が発作を誘発すると言われています。過去にテレビアニメを見ていた際に、子供を中心に痙攣などの発作の症状などの体調不良を起こす事件がありました。アニメで使われていたストロボやフラッシュなどの効果が原因とされていますが、この現象が光感受性発作になります。

 

そして、熱性けいれんは入浴中に大きな刺激を受ける事で発作を起こしてしまう症状です。

 

脱毛サロンで使っている光脱毛(フラッシュ脱毛)や施術中に起こる熱による刺激は癲癇の発作を誘発してしまう危険がある為、断られるのです。

癲癇を持っていても脱毛ができるのは医療レーザー脱毛だけ

癲癇の症状が出てしまう方は、医療レーザー脱毛であれば脱毛を受けることは可能です。癲癇と言っても症状や重症度は人によって様々です。症状自体を軽減させたり癲癇自体を治療してくれるような病院ではあれば治療を続ければ完治の可能性もゼロではありません。

 

治療により癲癇が完治した方がそれ以降何年も症状が出ていないといった場合、脱毛で発作が起こる事は考えにくいと言われています。そのことから、クリニックは脱毛を断るといった事はほとんどないと思ってもいいと思います。

 

湘南美容外科
メディカルエステわき無制限

 

美容外科形成外科 川崎院
川崎中央クリニック

 

脱毛中の過ごし方は?


最近は早くなったとは言っても全身脱毛であれば60分〜90分はかかります。

 

ライフスタイルに合わせてサロンを選んでいると、仕事終わりや買い物ついで、駅から近いから出かけ先からの帰りなど、色んな理由で選んでいると思います。

 

しかし、短くなったとはいっても言い換えれば1時間〜1時間半くらいはスタッフさんと二人きりで施術を受ける事になるわけです。施術を受けている間、どういう風にして過ごしたらいいのか迷いませんか?

脱毛中に寝てもOK?

施術中に寝てしまう人も結構多いみたいですね。寝てしまうこと自体は何も問題ありません。

 

寝てしまう人がいる理由は居心地が良い空間だからです。

 

・脱毛器自体の性能が上がり、痛みがほぼない
・快適な湿度と室温になっているから
・アロマがたかれていたりしてリラックスができる

 

ただし、寝てしまっていても以下の事は注意が必要です。

 

・熟睡し過ぎないようにする
・いびきをかく人は注意
・寝相が割る人は深い睡眠に入らない事

熟睡し過ぎないようにする

脱毛中には常にスタッフさんから痛みや熱さに関しての質問がきたりします。肌の状態を確認する為のものですが、寝てしまっていてもこれらの質問には答えられるようにしておくくらいの浅い眠りにしておくのが一番ベストだと思います。

いびきをかく人は注意

施術には影響はないですが、他人に聞かれると恥ずかしいと思います。カーテンで仕切られているだけの空間だと店中にいびきが聞こえてしまうことがあるので、注意してください。

 

もし寝ないようにするならガムを噛んでおくなどの対策をしておくと良いと思います。

寝相が悪い人は気を付けて

寝相は脱毛の効果に関係してくるので気を付けて下さい。

 

施術をしてくれる間は、肌の状態、毛の生え方等を確認しながら処理をしてくれます。その際、一番効果がある方向から照射してくれていますが、寝相が悪いと角度、方向がずれてくるので、ムダ毛に対して適した角度から処理ができなくなってしまうので、効果が半減してしまいます。

施術中はスマホの操作はNG

施術中はスマホの使用はできません。

 

そもそも全身脱毛をしている時はジェルが全身に塗られている為、操作ができませんし、強い光が出る為、目元はタオルやサングラスで完全にガードされているので、目の前が見えないです。

page top